トップページ>シーズからのお知らせ>30周年を迎えるにあたって  ~ シーズ鎌倉学園代表 鎌倉由志雅 ~

お知らせ

シーズからのお知らせ

30周年を迎えるにあたって  ~ シーズ鎌倉学園代表 鎌倉由志雅 ~

30周年を迎えるにあたって


学習塾シーズ鎌倉学園を開校して今年で30年目を迎えることができ、これまでご縁をいただいた生徒・保護者の皆さまに、ひとえに感謝を申し上げたいと思います。

新年度を迎えるにあたり、これまで通塾いただいた生徒の弟妹をお預かりすることや、近年では親子2代にわたって新たなご縁をいただくこともあり、地元に根づいて信頼を積み上げることに、あらためて身が引き締まる思いです。また、卒塾生が夢を実現し、立派に活躍されるようすを見聞きするたびに嬉しい気持ちにさせられるとともに、お預かりしている生徒たちの夢をあと押しする力にならなければと、新たに決意しました。

30年前シーズ医生ヶ丘校(現在、浅川校に移転)という小さな教室を始めたとき、目の前の生徒に相対するとき、志望校に通したいという一心、よい授業をする以上の目標はありませんでした。これは今でもシーズの職員の根元にある思いです。

時代はスパルタ教育の色が残っているころでしたが、お子さまに受けていただく授業は「明るく、楽しく、元気よく」ありたいと考え、このシンプルなフレーズをシーズ鎌倉学園のモットーとしております。

地域の保護者の方の信頼をいただき、教室が成長していく中で、英語教育熱の高まりを受け、英会話スクール「グローバルリーチ」を開校。卒塾生の大学進学をサポートして欲しいという声から、東進衛星予備校を開校。このようにして、現在の小学生から大学入試までを一貫してサポートできるシーズグループの原型がつくられました。

近年、あの当時の想像を超える速さでグローバル化が進み、福岡という地域から世界にむけて価値を発信する企業や、世界に挑戦する人材が生まれていることを感じています。

地元に根づく学習塾ですので、世界にむけて価値を提供することは叶いませんが、これからの世界をリードするお子さまたちの成長をサポートするかたちで社会・世界に貢献したいと思います。

「お子さまという種子たち(seeds)を受けとめ、これからの世界を独立独歩で進めるような人間力を育む豊かな土壌でありたい。」

30年を振り返り、これまでの感謝の気持ちとともに、あらためて社名に込めた所信をお伝えいたします。

 

シーズ鎌倉学園代表

鎌倉由志雅